脇目もふれずデリヘル大好きなら見事に変態さんの仲間入り

セクハラ上司を変態呼ばわりしているけれど、女からしてみればデリヘルが好きで週1で通っている貴方も立派なヘンタイさんの部類ですw

*

千葉のデリヘルでもご当地あるあるが盛り上がる

働き盛りのオヤジに、必ずと言っていいほどついて回るのが地方への出張。右も左もわからない知らない土地に行くのが嫌いであっても方向音痴であっても自分の枕じゃなきゃねれないという神経質な人であれ、会社の命となれば断るわけにはいかない。イヤイヤながらも仕事ならば仕方がないと割り切って行った先々では楽しみでもないとやっていけない。ともなれば当然風俗に走るのである。これぞ男の出張族の醍醐味である。
会社が都内にあっても千葉の辺りであれば営業に駆り出されることもしばしば、そんなときにも欠かせないのがデリヘル。本日のアポイントを早々と切り上げ、千葉でもお気に入りのデリヘルを見つけておけば仕事の疲れも瞬時に癒されるというものである。
日々の疲れを癒してくれるかのように、ホテルに尋ねてきてくれた女の子は想像以上に美しかったりする。以前あった時よりも確実に美しさに磨きがかかっていると感じながら、仕事にせいを出していた甲斐があったなと『神様ありがとう』なんて涙目ながらに女の子を迎え入れ、わくわくタイムのスタートだ。浴室では童心にかえったときのようなはしゃいで浴槽につかり女の子と泡にまみれながら体の洗い合いを楽しむのもいいでしょう。ベッドの上ではそれはそれは楽しいプロレスごっこができるわけで、あれよあれよと言う間に負かされてしまうのです。
疲れが高じてかいつも以上に濃厚なプレイだったこともあるのか早い段階で果ててしまい、かといって二回戦に行くほどの若さと勇気と体力を持ち合わせていない時には女の子と談笑に花が咲くものだ。
関東といえど広し、千葉にも方言があったりあるあるネタがあったりするのでデリヘルに行った際には必ず盛り上がる話のネタである。
体を動かす準備をするなら、なのはな体操でしょ。
まだまだ青かったあの頃、運動会などの行事で準備体操をするのであれば全国的にはラジオ体操のはずなのだが、千葉のデリヘルにいる子は「なのはな体操」だと胸を張っていうのである。一度実際にやってもらうといいだろう。全く持って見たことのない体操を眼の前でエリア出身の女の子が披露してくれるでしょう。ちなみにググれば動画なんかがあったりもするw
幼少期をこのエリアで過ごした女の子たちは出席の順番も面白い。一般的には五十音順で「あ」から始まることが多いはずなのだが、千葉では月齢で並ぶ。要するに誕生日順で並んでいるのだ。憧れの人の誕生日を変に疑われることなく知ることができるのだ。逆に嫌いな人のも否が応でも知ってしまうということでもあるのですがw
彼女たちにもそんな恋にときめく時代があったんですね、かわゆいではないですか。
同じく出席の際には「健康確認」が行われるのも独特なのではなかろうか。彼女たち曰く、名前を呼ばれたら「はい、元気です」とか具合が悪い時には「はい、風邪気味です」、腹が痛い時には「はい、腹痛です」といった具合に体調の自己申告制度があったというから面白い。それなら休めよ、とツッコミをいれるやつはいなかったのだろうかなんてふと思ってしまったりもする。
こんなこともあった。先日利用したときに女の子が「あおなじみが痛い〜」という聞きなれない言葉を発した。どうやら青アザのことを言っているようだが千葉の方言だとは知らずにずっと使っていたらしい。どうりで話が通じないわけですよ。
こういった具合に千葉まで行った際にはデリヘルのプレイだけでなく、天然成分をたっぷり含んだ女の子との会話をも存分に楽しむことができるのです。
逆もしかりで、自分の出身地との比較をしてみるのもいいだろう。首都圏でも栃木や茨城ではまた方言が違いますし、さらに北のほうへと上がっていけば理解不能なほど独特な言葉があるものです。関西の人はどこへ行っても関西弁ですが、近畿地方の人であればそれをひとくくりに『関西弁』と言われることに違和感を覚えるという人もいるでしょう。大阪と京都では言葉が違うんだ、とか奈良は鹿だけじゃない!なんてのもいいですね。どんどんと日本列島を下にくだって行くとこれまた違った文化がありますし、九州は全部でいくつあるのかも知らないというデリヘル嬢だっているでしょう。むしろ九州=福岡と思っている子もいるほどですから、九州地方の他県の人からすると面白くない。しかしそれも千葉のデリヘルという場所ならば、談笑の話題ともなりうるのです。ここは自分の地元の自慢などを強く推してみるまたとないチャンスかもしれません(笑)
首都圏から離れれば離れるほど、何語ですか?と尋ねずにはいられないほどの方言で話す人たちがいますからネタには困らないでしょう。もっとも彼女たちが日本の出身ならばのお話ですがねw たまにハーフだったりして国籍自体がJAPANでないこともあるようですので、しかしそれでも生まれ育ったところが違えばそれだけ面白い話はきけるはずです。
日本のご当地の話題ならば、流行りに疎い男性でも話題に困ることはないでしょう。まったり遊びたい気分の時ならなおさら、楽しめるのではないでしょうか。かなり腹筋崩壊するレベルで面白い話も飛び出すかもしれません。
千葉のデリヘルはナチュラルで良い娘ばかりが揃うので会話にもサービスにも問題なく利用できるかと思います。
エリア独特と言ったら県内でもどの地域の出身かによってばらばらになるのだが、出身地を県のゆるキャラの部位に例えていうのだそうだ。聞くところによると、そのキャラクターを横向きにした時に県の地形とぴったりとハマることからだそうで。
どうエリア出身の女の子に一度聞いてみるのも面白いかもしれない。ただし、プライベートな会話にもなるのでしつこく聞き回ると単なるストーカー気質の客と勘違いされるので、出入り禁止にされない為にも注意は必要である。そんなことでNG客に認定されてしまっては一時の癒しの空間が失われることになってしまいかねないです。それよりも無難な内容で話していた方がいいといえるでしょう。
もっとも話をするのが好きな人であれば問題ないのですが、口下手なタイプだと時間が余ると困りますよね。利用する側が寡黙なタイプであれば、相手もプロなので何かしら話を振ってくれたり色々と尽くしてくれるはずです。安心して良いとも言えるところですが、しっかりと反応してあげるというのは必須です。相手が話しかけてもスルーされることが続けばさすがに心が折れるというものです。恥ずかしいながらも首を縦に振ってみたり、一言でも返してあげたりすることで相手は『ただ恥ずかしいだけなのかな』という判断をしてくれるもの。しかし全く応答がない場合は彼女たちも困り果ててしまうようです。
話したくない気分であれば、その旨を伝えたりすることはモラルとして必要なことでもあるのです。千葉のデリヘルで働く女の子たちは律儀な女性も多く、どんな時でも予約いただいた時間内ではお客様を喜ばせようと必死になるものなんですね。予想していたよりも早く終わったからといってまだ時間があるのに『もう帰っていいよ』なんて言われると、何か悪いことでもしたのでは?と考えてしまうものです。彼女のことを想うのであれば時間いっぱい一緒にいることというのは大切なことでもあるんです。
店によっては早く帰ってきた女の子に対して何かあったのか、女の子が何かやらかしたかと疑われてしまうということもありますからね。何れにしてもせっかく予約を確保した分ですから、いっぱいまで存分に楽しんで悪いことはないんです。

公開日:
最終更新日:2016/08/04