脇目もふれずデリヘル大好きなら見事に変態さんの仲間入り

セクハラ上司を変態呼ばわりしているけれど、女からしてみればデリヘルが好きで週1で通っている貴方も立派なヘンタイさんの部類ですw

*

千葉のご当地あるあるがデリヘルでも盛り上がる

働き盛りのオヤジに、必ずと言っていいほどついて回るのが地方への出張。右も左もわからない知らない土地に行くのが嫌いであっても方向音痴であっても会社の命となれば断るわけにはいかない。イヤイヤながらも行った先々で楽しみでもないとやっていけない。ともなれば当然風俗に走るのである。これぞ男の出張族の醍醐味である。
会社が都内にあっても千葉の辺りであれば営業に駆り出されることもしばしば、そんなときにも欠かせないのがデリヘル。本日のアポイントを早々と切り上げ、千葉でもお気に入りのデリヘルを見つけておけば仕事の疲れも瞬時に癒されるというものである。
関東はいえど広し、千葉にも方言があったりあるあるネタがあったりするのでデリヘルに行った際には必ず盛り上がる話のネタである。
体を動かす準備をするなら、なのはな体操でしょ。
まだまだ青かったあの頃、運動会などの行事で準備体操をするのであれば全国的にはラジオ体操のはずなのだが、千葉のデリヘルにいる子は「なのはな体操」だと胸を張っていうのである。一度実際にやってもらうといいだろう。全く持って見たことのない体操を眼の前でエリア出身の女の子が披露してくれるでしょう。ちなみにググれば動画なんかがあったりもするw
幼少期をこのエリアで過ごした女の子たちは出席の順番も面白い。一般的には五十音順で「あ」から始まるはずなのだが、千葉では月齢で並ぶ。要するに誕生日順で並んでいるのだ。憧れの人の誕生日を変に疑われることなく知ることができるのだ。逆に嫌いな人のも否が応でも知ってしまうということでもあるのですがw
彼女たちにもそんな恋にときめく時代があったんですね、かわゆいではないですか。
同じく出席の際には「健康確認」が行われるのも独特なのではなかろうか。彼女たち曰く、名前を呼ばれたら「はい、元気です」とか具合が悪い時には「はい、風邪気味です」、腹が痛い時には「はい、腹痛です」といった具合に体調の自己申告制度があったというから面白い。それなら休めよ、とツッコミをいれるやつはいなかったのだろうかなんてふと思ってしまったりもする。
こんなこともあった。先日利用したときに女の子が「あおなじみが痛い〜」という聞きなれない言葉を発した。どうやら青アザのことを言っているようだが千葉の方言だとは知らずにずっと使っていたらしい。どうりで話が通じないわけですよ。
こういった具合に千葉まで行った際にはデリヘルのプレイだけでなく、天然成分をたっぷり含んだ女の子との会話をも存分に楽しむことができるのです。
まったり遊びたい気分にあう女性なら千葉デリヘル情報 デリノートで調べれば多数みつかる。
エリア独特と言ったら県内でもどの地域の出身かによってばらばらになるのだが、出身地を県のゆるキャラの部位に例えていうのだそうだ。聞くところによると、そのキャラクターを横向きにした時に県の地形とぴったりとハマることからだそうで。
どうエリア出身の女の子に一度聞いてみるのも面白いかもしれない。ただし、プライベートな会話にもなるのでしつこく聞き回ると単なるストーカー気質の客と勘違いされるので、出入り禁止にされない為にも注意は必要である。

公開日:
最終更新日:2016/05/17